笑顔の

11月19日午後。岩手日報の記事を読んで、興福舎に問い合わせをしていた○○静子さん。
「今から、そちらに行ってもいいですか?」と電話がありました。

ご主人を亡くし、遺骨をバッグに入れて持ち歩いて自分なりの供養をしておりましたが、新聞記事を読んで考えがまとまっていたようで、興福舎で手元供養品を見せて触っていただきました。
笑顔で即決。「これとこれも欲しいです」

えぇ、持ち歩く品は今すぐでも良いのですが、メッセージや名前を入れる手元供養品は家族で話し合って決めることをお薦めします。

静子さんは、「お墓は要らないと言っていたので、家族みんなで相談して、花巻市大迫町の樹木葬に決めましたが、5月と9月だけお参りできないので、どうしようか、と思っていました。あの記事が救いになりました。もっと早く手元供養を知っていれば良かったのに」

ごめんなさい。もっと手元供養を広げる努力をしなければ。

○あれこれと 手元供養が 文化です
    十野邦応 (川柳小僧つなしのくにまさ)

明るく、笑顔で話す手元供養が無縁社会をつなげます。体力も維持しなければ。

スポンサーサイト

岩手の開催、岩手の記事

11月3日文化の日に岩手の県都、盛岡市のイオンモール盛岡(盛岡ICそば)で第24回企画展in盛岡が開催されました。

東北では初めての開催となり、講師は、山崎会長・寺尾俊一オフィスシオン代表そして伊藤邦男興福舎舎長の三人です。

これまで公共施設的会場で開催しておりましたが、今回は民間商業施設での実験的開催です。
岩手県は47都道府県の面積では最大ですから、乗用車での会場移動時間を配慮し、葬式にも取り組んでいるイオングループで、管内開催告知や管内開催放送ができるとの仕組みに期待しての、かつ、1ステージ2時間弱での2回開催としたものです。
さらに来館客への手配りでのリラシ配布も同時行動を実施しました。

2回目の午後1時30分には、地元最大購読数の岩手日報社の取材を受けました。

11月7日月曜日の朝刊7面の生活文芸面に記事が掲載され、6人の女性からの記事掲載での問い合わせがありました。男性からの問い合わせが無かったのは、お墓や葬儀の後始末を放棄する?気質が現われた結果で、悲しいです。

○逃げないで 押し付けないで 愛妻に
    十野邦応 (川柳小僧 つなしのくにまさ)

新聞記事を添付しようと試みたなら、fc2は2メガまでで、大きく記事にしていただいたことに感謝するとともにモヤモヤ。

でも、あさって15日火曜日の岩手日報朝刊に追加記事が掲載されると、3日に取材していただいた記者から連絡がありました。
岩手にも「手元供養」の単語が根付きそうです。

記者クラブ

11月3日の文化の日にイオンモール盛岡の2階にありますイオンホールで、手元供養の企画展をやることになりまして、岩手県庁の3階の記者クラブにプレスリリース(投げ込み)をしました。

もちろん、予め記者クラブの幹事社の記者に連絡を入れての訪問です。

それは幹事社の記者から、「当日はいるか、どうかは約束できない」と言われていたのですが、10月19日の午後に訪問したところ、運悪く担当記者は不在。

それでもめげずに、室内にいた他社の記者に投げ込み主旨の説明をしているうちに、県内最大購読数を持つ岩手日報紙の記者に記者クラブの窓口職員に地元紙の本社駐車場を尋ねたところ、地元紙の記者に声掛けをしていただき、地元紙の記者に会うことができました。

本社の駐車場のことから始まり、気になっていた投げ込みの記事掲載までの仕組みを教えていただきました。
次の質問。記者クラブに投げ込みした他に本社に直接面談のうえ、記事掲載をお願いして、記者クラブの存在を軽視することに繋がらないのかを聴いたのです。

回答は、「記者クラブへの投げ込みは、それぞれ本社の担当部署に再配布されるので、投げ込み主旨は伝わりますが、熱意を伝えることになりますから、記者クラブの軽視にはなりませんよ。本社に行くのであれば連絡しておきますから」

すぐに「行きます」と伝えて直接面談。でさらに本社の担当記者に会ってお願いしました。
本社で受付にその旨担当部署につないでいただき、エレベータで3階へ。
エレベータの扉が開いて、さあ行こうの気持ちで2・3歩踏み出したら、廊下で担当記者が出迎えていただきました。
びっくりしながらも、室内ブースの応接ソファで、無縁墓・手元供養・ゼロ葬・島田裕己の週刊誌記事など言ったり、聴かれたり。

さぁ、次はTV放映を狙って、めんこいTVへ。受付窓口で面談依頼して、対応していただきました報道担当者にお願い。
その対応に当たっていただきました社員は、父母が介護状態との話があって、僕の父母の介護経験の話しをしたり、で、さらにびっくり。

それは、東日本大震災の際に「いのちのドングリ」プロジェクトをしたいとTV報道依頼に訪問した時の対応担当者だったことが分かり、二人ともに奇遇にびっくり。
土日ではなく、平日なので報道には載せやすいが、文化の日で、別の話題を取材する可能性が高いので、取材の約束ができないが、報道担当者の判断です。とのこと。

とは言え、行動こそが実現の花道。何もしないで悔むことより、やってみてこその実現成就。

○分かってよ 待つだけでは 食べられぬ
    十野 邦応 (川柳小僧)

声を掛けてこその会話の始まり。まずは自分から。自業自得の教えです。悪いことも良いことも自業自得。
仏教での自業自得は、悪いことをすると罰があるだけではなく、良いことをすると良いことがあるとの教えです。

鬼は釈迦の教えに改心して、仏教を支えたそうです。

ゼロ歳の転入生

先のブログでの11歳の彼女が亡くなった妻の実家では、ゼロ歳のミニチュアダックスフントを迎い入れました。
それは、11歳の彼女ミニチュアダックスフントと同じ犬種が良く、先の思い入れが強かったからです。
その情報が入ったので、所要の帰りに妻の実家に立ち寄って初対面してきました。
その子の名前は、カナといいます。前の子は、ナナといいましたが、何だか似ています。

転入生は、初対面のわれわれ夫婦を吠えることなく、大歓迎してくれました。ドイツの原産の外国の血統種が、日本の家庭に馴染んで暮らすことになります。
長いホームステイ?でも、カナは日本語がわかっているようです。
ドイツ語は話せそうもありません。

前の11歳の彼女は、手元供養品に納骨され、写真と一緒にテレビのそばにいました。

○あの子の 生きた証しが ここにある

   十野 邦応 (つなしの くにまさ=川柳小僧)

11歳の彼女

妻の実家の愛犬ナナ。
11歳の彼女が亡くなってしまいました。

遠野市斎場では、ペットの火葬ができるのです。
1時間10分。ロビーフロアで思い出話し。
すぐに時間がたって、収骨しました。

妻の母がすっかり落ち込んでしまいました。
これまでの愛犬は屋外飼育でしたが、
いつも一緒の室内犬でしたから、孫の
ように接していたものですから、寂しさ倍です。

しばらくしたなら、母のためにまた犬を飼うことに
なりました。

また愛犬台風が来ます。
台風10号も来ます。

○台風が 過ぎればすぐに 晴天に
    十野邦応
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR