愛犬ランチ

昨日、11月14日は愛犬ティエラ(♀)の9回忌でした。

妻と二人でランチを食べながら、たくさんの思い出を
話しました。

もちろん、家族にも愛されていたので、家族が絡んだ
それぞれの思い出が浮かんできました。

亡くなったときは、獣医さんに出張診察を依頼しており、
旅先のバスの中で、獣医からの訃報を聞いたのです。

戻ることのできない出張でしたので、旅先のレストランで
ティエラの好きだったステーキを食べながら、泣いてしましました。
今は遺骨を入れた手元供養品に収めて、父や母と一緒に
供養しています。
亡くなったことは悲しいのですが、彼女と出会えて良かった。
スポンサーサイト

3時間半

かねてからの最終新商品1種が11月7日に届きました。

開けてみて「・・・」で、弥冶郎系こけし工人の星さんに電話連絡して、
直接面談しながら、最終調製をするため、車で3時間半。

で、会って最終調製を今日までの二日間で終了。
二人ともに「うまくできたね」とニッコリ。

ふたりで、「高笑いをしたいね~」と高笑い。

11月中には、大衆周知を行います。

結婚記念日は孫に助けられて

今日11月1日は、結婚記念日でした。

昨日から泊りに来ている孫(12歳♂)と相談しましたら、
三人が嫌いじゃない物でと話がまとまり、「手作りハンバーグ」

孫が帰って来るのをまって、二人で買い出しに。

スーパーで、探しあぐねているところに、お母さんらしき女性が
きたので、「ハンバーグをおいしくする魔法の粉」がどこにあるかを
聞いてみました。
その天使の女性は、分からなかった様子で、店員を探して、
聞いてくださいまして、「ハンバーグペルパー」を見つけました。

で、ヘルパーを買って、牛肉と豚肉の合挽きを混ぜて、
おいしいハンバーグを作ることができました。
その時、一緒にデザートと赤ワインも買って、サラダと一緒に、孫と
作って、「おいしいね」を記念日妻にいただきました。

ありがとうございます。お母さん女性、店員さん、孫。
そして、妻。
36年が無事終わりました。

記念写真を撮影。添付省略です。

遺言

今日10月31日、火曜日。段々晩秋になって、興福舎の里の木々も
色づき、身構える気温です。

釜石市から○谷さんが、夫の遺骨を遺言のとおり、散骨して
上げたいと、友人二人と来舎していただきました。

約束の時間より早めの到着でしたが、予約を受けておりましたから、
準備をしており、受け入れしまして、話を1時間30分。

その後、粉骨を引き渡したときに○谷さんは、笑顔に変わって、
すっきりした様子です。

対応した妻と二人で、「いい仕事をしているね」と二人でにっこり。

明日11月1日は、36年目の結婚記念日です。
「何もプレゼントはいらないから、明日の夕食を作って
食べさせてね」

遺言より、しっかりしたご依頼がありました。
さぁ、何を作って食べましようか。

台座

新製品の台座の特性部品ができました。

地元にこの台座を製作できる技術者いることに感謝です。

早速、工人に連絡して、材料到着日時を連絡し、楽しみに
している工人の電話での感触がうかがえる楽しみな先行きです。

この台座は、工人と話を詰めている内に、発想として浮かんだ
ことで、このハッとすることに商品としてのヒットがあるのです。

商品のヒットとかホームランのキーパーソンは、女性です。
経済は、女性がリーダーです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR