神戸で企画展

NPO手元供養協会では、10月7日(日曜日)
第20回自分らしい葬送を考える企画展を開催します。

特にも「大往生したけりゃ医療と関わるな」の著者
中村仁一医師の特別講演があります。

婚活ならぬ、終活の大きな道しるべになりそうです。
生きているうちに考えることの一つです。

阪神淡路大震災のその後の神戸の復興の姿を見て
みたいものです。

左クリックすると全体が見えます。

チラシを右クリックして「対象を印刷(P)」を
選んでプリントしてください。

神戸展決定稿0906アウトライン
スポンサーサイト

百年と千年

人は生きて百年。

しかし、百年でできるはずだと、千年で
やっと達成できることに取り組む。

つまり、生きているうちに可能として
果敢に挑戦している。それが人間。

次の世代で、あるいは次の次で、できればいい
と次代に伝えることができれば、それでいい。

頼んだよ 俺が僕がと そうじゃなく
   バトンタッチ組合長

ボケてない年齢、健常年齢を考えると、できる事
自分の代でできない事を整理し、自分自身に軽く
鞭を入れる。無知は破滅に通じる、勉強・勉強。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR