死という平等の中で

幻冬舎新書「平穏死という選択」石飛幸三著を読み終えた。
数回に分けて書き込みします。この中でのことを。

胃ろう装着で苦しむ本人、家族、
胃ろうを疑問視する一握りの医師。

本人は高齢者で認知症が進んでいる場合、
胃ろうを装着している家族を見ている場合など
本人・家族にはそれそれの苦しみが渦巻きます。

胃ろうには、身体拘束(ベッドに固定して動けない状態にする
医療上の措置)がついてきます。これは経験がありますが、
嫌です。絶対。生きていることへの恨みが伴います。
便秘も付随します。ズーンと苦しい。でも身体拘束があり、
動けないのですから。

自然死(寿命)を受け入れるべきとする中村仁一
医師も書籍の帯で応援。これで医師の立場からの提言書が
二つになりました。このような世相、風潮を歓迎します。

〇自身でも 望まないこと だからいや
   他人に薦めない嫌なことはの会長代理

尊厳死、自然死、平穏死と人間の死を考える機会が
増えました。次は平等死?
死ぬことが分かっているから、その前に
考えておく。妻や家族に伝えておく。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR