玄関スロープ

母91歳は、介護度4に悪化しまして、車いすでの
生活に変化しています。

デイサービスに通所していますが、玄関がせまく、
簡易スロープをレンタルして、送迎車で往来して
います。

車いすでの乗降が難儀になりましたから、僕が
不在のときでも、容易にできるようにと、DIY店
に行って、玄関口のところにスロープを設置する
ために屋外簡易スロープを購入。

かわいい孫にも、手伝ってもらって設置完了です。

これで、送迎職員もラクチン。もちろん、妻も。
午前中は、妻が玄関の下駄箱移動を手伝って
くれました。
介護は60点で満点でいいんです。
なにしろ、僕が楽だから?

○これならば みんな楽です 自宅介護
   みんなの介助者
スポンサーサイト

ふらふら

新商品開発でいわて産業振興センターへ出張。
片道1時間30分です。岩手は広すぎる。

いわて希望ファンド担当者二人と面談。
事業計画の件で2時間弱。
この中で、思い立ったことがあり、次の事業者と
アポ無しで訪問。

いた。突然の訪問にもかかわらず、時間を割って
対応していただいた。
話が突っ込んだことになるが、スケッチ・構想を
次回までに持ち込んで、また会うことになりました。

作品集がないとのことで、市内の店の作品を
見てくださいとのことから、さらに移動。

そうだ。見て置きたかった、「エヴァンゲリヲンと
日本刀展」を先に見てからと、県民会館に移動。

太刀は、刃を上に陳列。刀は、刃を下に陳列。
持ち方にあわせた展示方法とのこと。
太刀と刀は違うのだった。

日本刀展から歩いて、作品の置いてある店に。
あった。店員さんに事情を説明し、写真を撮る。

スケッチをどうしよう。また片道1時間30分。
車の中で思案。

遅めの昼食の半額冷麺が胃の中で睡眠を
誘っていました。もう、ふらふら。

○考えろ 考えるな これからだ
   道路の案山子

あいつはあいづの白虎隊

遠野から福島県会津若松の鶴ヶ城に行くことになり、
7月30日に東北自動車道と磐越自動車道で、午後に
到着したこともあって、先に飯盛山の白虎隊の自刃し
た史跡に。

参道には動く歩道の稼働時間午後5時近くにぎりぎり
到着。
忠魂碑の場で手を合わせて、一礼。

自刃の地に孫二人と娘夫婦と、僕たち夫婦の6人で、
飯盛山の中腹で、鶴ヶ城に火の手が上がる方向を不
安げに見ている一兵士のモニュメントの前で、記念
写真。

次は鶴ヶ城の隣にあった日新館を別の場所に移築した
復元日新館で勉強。

郡何某という、少年が選ばれて福岡県に留学して、
その福岡との生徒生活中に空腹に耐えかねて、
会津の母に「干し柿を送って欲しい」と手紙を書き、これ
を読んだ郡何某の母の「我慢しなさい、会津武士がこの
ような弱気では、会津の恥です」との励ましの手紙が他
の福岡の生徒に拾われて、「会津の武道は、食事か?」
と。その手紙を「返せ」といっても返されず、母からの手
紙を留学先の学校内に晒されて、馬鹿にされて、自刃
する。これは、いじめ?

そんなことで自刃する?時代と教育の怖さを学んだ、二
日間となりました。

教育とそのムードの怖さ、日本人の狂気?の時代に悩み
と憤りが深くなった二日間となりました。

日新館の次は、それじゃ、気盆を変えてと、喜多方ラーメン
「まこと食堂」で中華そば650円を食しました。
やさしい味で、日新館でのモヤッとした気持ちを
救われた午後になりました。
人間は、お腹が満たされると、平常心を取り戻せる?
ありがとうございます。まこと食堂の中華そば

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR