FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺骨が家にあると

山田町の○○蓉子さん

3月11日に長年連れ添ったご主人を亡くしました。

遺骨をお寺さんに預かっていただいております。
仮設住宅に住んでいますが、家に遺骨があると
悲しくなってしまいます。

だから、興福舎の六角舎利にご主人を入れて
一緒に暮らします。

○ 別荘でも 住まいはここで あとは墓
    仮設住宅で別荘ぐらし

お墓に納めるときに手元供養でと、お墓が
できないと前に進めない蓉子さん。
新しい手元供養を受け入れた蓉子さん。
一歩いっぽで、岩手では手元供養が始まって
います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊藤邦男

Author:伊藤邦男
2010年7月7日手元供養「興福舎」を37年間の役所勤務の公僕生活にピリオドを打って起業。1954年乙女座生まれ、B型の自由人。

やりたかったことをしています。手元供養は文化
ホームページは「興福舎」でヒットします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。