FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らくな世界で

圧迫骨折です、米寿の母が。
家の中で転んで尻餅をついて。

さあ大変。病院で診療を受けて座薬タイプの鎮痛剤を
処方され、隣の薬局へ母に代わって薬を買いに行く。

病院と接する薬局へは、金網の塀があって、一旦道路に
出て薬局に入ることになっており、疑問が湧く。
院内で薬局に連絡して薬剤師に来ていただき、院内で
お金を払って薬を手に入れることができます。が、

頑張る人は、処方箋を持ち一旦車道に出て薬局へ。
具合が悪くて病院に行っている「病人」がふらついて
車道に出てしまい、車に轢かれて、ああ~っつ。

〇 なぜこんな 塀を無くせば みな楽に
    法律が良くても施行規則が悪いと思う人

薬剤師に聞いたが、「法律で塀の設置が必須で…」
規則は大臣の職権で改正できるのだから、薬剤師会から
病人の利便と危険回避のため、改善を求めるべきとの
話をしても、「法律ですから…」と病人のために不便
であると同意しても、不作為発言。

このような連鎖で「らくな世界」は作られない。
頑張る人が救われない世界で生きるしかないのか。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊藤邦男

Author:伊藤邦男
2010年7月7日手元供養「興福舎」を37年間の役所勤務の公僕生活にピリオドを打って起業。1954年乙女座生まれ、B型の自由人。

やりたかったことをしています。手元供養は文化
ホームページは「興福舎」でヒットします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。