2回目のお誘い

今日6月20日、「以前電話した広告の印刷原稿の件です。23日に掲載
しますから、今から原稿の確認をお願いします」20~30代ころの男性。

突然のことで、そのような記憶もなく、電話だけで掲載料の価格も
聞かされておらず、見本紙を先に提示されたこともなく、「電話だけ
でこの仕事をしている会社ですから…」ときた。

はぁ~、なぬー。
「記憶がなく、そのような了承をするはずがなく、…」とすると、「こ
ちらは、すでに経費をかけて広告の枠をとっているから…、断るなら法
的措置をとることもあります」 今度は脅迫か?

はっと気づく、「広告掲載詐欺か?」
その時は受けて立つ旨の話をして電話を切りました。
着信履歴を調べると、「非通知」でした。

遠野警察署の生活安全課の担当者に電話の内容を伝え、ほかにもこの種の
相談は無かったか問い合わせしました。
「それはおそらく詐欺だと思います。毅然と断っていいのです。そのような
相談は今はありませんが、過去に岩手県内には存在したことがあります」
とのこと。

去年、お墓を買いませんか?の会社と、その後にお墓を買ったなら、高
く買い取りしますから、買ったなら教えてください。の別会社の2段構え
の劇場型詐欺のお誘いと合わせて、これで2回目です。
お墓の売主であるはずのHPを見ると、「詐欺に注意」のお知らせがしっかり。


電話帳に電話番号が掲載されると、このような詐欺との関わりが増える?
人間不信になりそうです。
こうなると、性善説から性悪説に思考回路が変わってきます。

荀子と親鸞聖人が生きていらしたなら、話を聴いてみたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このようなことはいい機会ですから、詐欺に関わっている人と
もっと話をしてあげればいいのに。

電話が非通知であれば、なぜ非通知にしているのか、
電話だけで契約を取ったといって、上司がそれで
納得しているのか、
折り返して連絡するので、住所と電話番号を知らせて欲しい。
など、この仕事をいつからしているのか、給料はどうか、
若いようだがいつまでこのような仕事をするつもりなのか、
自分の将来を考えた仕事を今から考えることが大事だと
おもうが、どのように考えているのか。

など、相手からこの件はなかったことにしますから、と
言わせるまで、じっくり話を聴いてあげることが、大事
だと思います。

2度あることは3度あるとか、次は。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR