FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌の親しみは

手元供養興福舎に協力者ができました。
盛岡に住みながら、ふるさと山田町で
仏壇を販売する個人事業主です。

東日本大震災は、俳句では詠み伝えられな
いとのことで、短歌に挑戦している○辺エイイチ
さんです。

遠野の興福舎で話をした後、山田まで県道35号線
を越えて向かいました。翌々日葉書が届きました。

倫理道 一寸先の 闇を超え
笛吹越えて 山田へ急ぐ

俳句の17文字では伝えられないとは難しい。
短歌はさらに14字、合わせて31文字

 俳句の字 山を越えれば 川柳良し

川柳は17字。季語の制約がなく、ただただ17字。
世間に多い標語は川柳ベース。
5 7 5 で、何とかする。
31字では作ったソラから物忘れ。
早熟なので完熟が早くて、今は未熟。頑張れ自分
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊藤邦男

Author:伊藤邦男
2010年7月7日手元供養「興福舎」を37年間の役所勤務の公僕生活にピリオドを打って起業。1954年乙女座生まれ、B型の自由人。

やりたかったことをしています。手元供養は文化
ホームページは「興福舎」でヒットします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。