スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一周忌の花、100歳のケーキ

父の一周忌を10月7日に行う。

手元供養で自宅でお骨の一部を置き、3兄弟でそれぞれ
供養することにして、残りは散骨しました。

自宅記念碑に、生家のそばの思い出の川に。

途中で二男の住居前でいったん停止し、あいさつ。
また、生家前でいったん停止して、あいさつ。

菊だけでなく、にぎやかに、華やかに色の鮮やかな
花も添えて、花散骨。

和風レストランで故人を肴に思い出ばなし。
4年に一度のうるう年に亡くなった父。

4年ごとに集まって、父を慰めて、父に声をかけて
父の下で酒を3人で飲もうかと思っています。
父の誕生日は8月13日。

〇誕生日 生きていればと 指を折る
   父の100歳を祝うケーキ職人

命日に集まるのはやりたくないのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊藤邦男

Author:伊藤邦男
2010年7月7日手元供養「興福舎」を37年間の役所勤務の公僕生活にピリオドを打って起業。1954年乙女座生まれ、B型の自由人。

やりたかったことをしています。手元供養は文化
ホームページは「興福舎」でヒットします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。